*

道楽おやじのスカイラインR32 GT-Rライフ



2011-06-22 14.48.45

スカイラインR32 GT-Rを初めて見たのは今から20年も前のこと。

平日の昼間、GPZ900Rで常磐道を走っていると

後ろから随分と飛ばしてくる一台のクルマが。

それがそう発売されて間もなくの

スカイラインR32 GT-Rだった。

当時は200km/hも出せば、

大概のクルマは着いて来れなかったので、

ちょっとアクセルを一捻り!

GPZ900Rのスピードメーターは200km/hを超えている。

それでもR32 GT-Rは追い付いてくる。

そしてR32 GT-Rは追い越していく。

一体、何km/h出してるんだ!?

遠くに一般車の影が見える。

200km/hからのスラロームなんて出来ないとブレーキをかけるが、

GT-Rはスピードを落とさない。

あっ!と思った瞬間、R32 GT-Rは200km/h以上で走りながら

一般車を避けていく。

その光景が忘れられず道楽おやじもR32 GT-Rの購入を決意する。

初号機は平成6年式の最終型。

R33 GT-Rが発表間近だったが、

R33 GT-Rのボディーのデカサやズングリとしたデザインが気に入らず、

やっぱりGT-RはR32だよな!と迷わずR32 GT-Rを選択。

車体色は当時のカタログイメージカラーだったシルバー。

VスペックⅡが発表され、どうしようかなと

まごまごしているうちにオーダーが締め切られ

ノーマルのR32 GT-Rを新車で購入。

しかし、ノーマルでもR32 GT-RはR32 GT-Rだった!

恐ろしいほどの加速!

体がシートに貼り付けられる!

他のクルマとは一味違う。

タダものじゃない!

しかし、乗ってるうちに段々慣れてくる。

ジムカーナ場に持ち込んでみるがやはりボディーの重さが災いして動きがダル。

強烈な加速感は味わえない。

このクルマには首都高のような場所があっているのでは・・・。

峠を走らせてもなかなか面白いが、リッター3kmは痛すぎる・・・。

初号機は新車で卸したため大事にしすぎて

10年所有したが走行距離はおよそ2万km。

満足いくまで乗ることが出来なかった。


公開日:
最終更新日:2014/06/04

no image
R32GT-Rにナルディを・・・

以前所有していたFC3S RX-7に付けていた ナルディ ク

no image
R32 GT-Rは雪にも強い!

雪の季節が近づいてきました。 スカイラインR32 GT-Rは皆さんご

no image
やっちまった!R32 GT-Rのタイヤで腰がピキ!!

時間があったのでR32 GT-Rのタイヤを整理していた時。 ちょっと

no image
R32 GT-Rに柿本のマフラーがイイ!

ガンメタのボディーにニスモバンパー。 社外のインタークーラーがバンパ

no image
R32 GT-Rに地デジチューナーか!?

あ~っ!! しばらくぶりにR32 GT-Rでテレビを付けたら ザーッ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑