*

ガレージ住宅の屋根工事です。

公開日: : ガレージライフ

EPSON MFP image

無事、建て前も終わり翌日から本格的な大工工事の始まりです。

大屋根や下屋などの棟から桁へ垂木を流し合板で屋根を葺きます。

屋根のポイントは軒の出です。

通常、軒の出は設計士のデザインや隣との境界などの絡みなどで決まります。

軒の出は30cm〜60cmが普通です。

雨の多い日本では軒の出は長いほうがいいのですが、

竜巻やダウンバーストなどの突風には短いほうがいいので、

実際これがベストと云う軒の出はありません。

 

 

******************************************************

Garage Life(ガレージライフ)の新刊が出ました!

道楽おやじのガレージングはこの本は全ては始まりました!!

さあ!一緒にスーパーカー ガレージを目指しましょう!!

Garage Life (ガレージライフ) 2012年 04月号 Vol.51

特集:欲望を満喫できる男の城
ガレージはクルマ好きの夢のひとつだが、
クルマ以外に趣味がある方にはそれらも同時に楽しめる空間であれば、さらに理想に近づくのではないでしょうか。
今号ではそんな夢の空間を実現したガレージをご紹介するほか、
「ガンダム好きが建てたユニークなガレージハウス」「見られることを意識したカフェガレージ」など、
バラエティ豊かな実例を、建築のポイント、苦労話などを交えてご紹介します。
その他のコンテンツ
・13の実例紹介
・借家をDIYリノベーション ガレージ化計画始動
・Garaging EXPO最新情報 ほか

ガレージ付き住宅を建てましょう!

セキスイハイムならきっと理想のガレージが実現できます!!

ガレージ用地探しなら住友不動産販売をおすすめします!

さすが大手は違います!

住友不動産販売は物件数が豊富です。

希望のガレージが作れます!!








関連記事

no image

ガレージ用地が見つからない!?

道楽おやじが初めてガレージ付き住宅を建てたのは、今から10年以上前の話です。 ガレージ付き住宅の構造

記事を読む

no image

やっぱりスーパーカーにはガレージでしょう!?

そのガレージ気に付いたのは3か月前。 仕事の通り道にある大きいお屋敷の大きいシャッターのガレージは、

記事を読む

no image

ガレージ住宅の上棟です。

5月の中旬の日が良い日を選び、いよいよ上棟です。 天気予報はあいにくの雲時々雨。 上棟式まで持って

記事を読む

no image

ガレージ住宅を作るということ。

家は3回建てると満足したものになる。 といいますがなかなか3回も家を建てる人はいないでしょう。

記事を読む

no image

ガレージ住宅の予算は総支払額がポイントです。

10年ほど前、スーパーカーのためにガレージ住宅を作りましたが、 当時は何もわからず言われたままに支払

記事を読む

no image

ガレージ住宅の大工工事は先ずは屋根から

ガレージ住宅の上棟も終わり、柱の立ちを見て先ずは屋根を決めます。 棟から桁に垂木を流し、野路板を張

記事を読む

no image

ガレージ住宅に最適の建築は?

広々としたガレージ、憧れますよね。 そんなガレージを作る為に住宅について研究しました。 ガレージ

記事を読む

no image

ガレージ住宅に木造軸組み工法は?

スーパーカー購入の為にはガレージが必需品です!? 一般的に購入し易い住宅はやはり、在来工法の木造軸

記事を読む

no image

ガレージ住宅に基礎は重要です。その2

前回、基礎工事のポイントをお伝えしましたが、 書き忘れた部分があったので追記します。 ガレージ住

記事を読む

no image

激安ガレージは男の夢だ!?

今から10年ほど前、ちょっと小銭が余っていた頃。 クルマもバイクの乗ってなんぼ! 速く走るか

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。




2017年は帝釈天にフェラーリ自転車で初詣です。

2017年の幕開け、元旦の東京は嘘みたいに暖かいです。 こんな穏や

伊豆大島は釣り天国!?

午前5時過ぎにフェリーが伊豆大島に到着し、宿に荷物を預けとりあえず

no image
伊豆大島にフェリーが到着!

伊豆大島行きのフェリーが竹芝桟橋を出航し、ビールを一本飲んでひと眠りし

no image
伊豆大島行きのフェリーは快適です。

伊豆大島行きのフェリーが乗船時間となりました。 指定席なので慌て

no image
伊豆大島で旅行に出発です。

8月11日午後8時、さあ、伊豆大島に向けて出発です! 伊豆大島行

→もっと見る

PAGE TOP ↑